チラシ印刷はプロに任せよう|スピーディーに仕上がる

通販感覚で注文が簡単

色見本

サイズと方式を選ぶ

インターネットの登場により宣伝広告の場にも変化は起きましたが、印刷タイプのチラシは手に取って見てもらえるメリットがあります。店頭に置いたり街頭で配ったりなど状況に合わせて活用でき、色や形の工夫でインパクトを出すことも可能です。そんなチラシ印刷のポイントは専門業者へ依頼する点にあります。美しい仕上がりが広告内容のイメージを左右することを考えながら依頼する必要があります。売上にもかかわる要素ですので、自社が求めるイメージを明確にし、専門家である業者へ伝えることが大切です。チラシ印刷は自社で用意もしくはイメージするデザインも重要ですが、まずはサイズや印刷方式を決定しなければなりません。用紙は国際規格のA判と日本独自のB判が存在し、それぞれに付く数字が大きくなるほどサイズが縮小されていきます。例えばチラシ印刷の掲載商品が1つの場合、サイズが大きすぎるとスペースのムダになる可能性があるでしょう。一方で複数の商品掲載を行う場合、サイズが小さいと見にくいだけでなく文字潰れの原因となります。どちらにしてもチラシ印刷業者への依頼がミス防止につながりますので、経費削減の対象を間違えないようにするべきです。このほか、チラシ印刷にはオンデマンドとオフセットの方式が存在し、コストや仕上がりの調整ができます。オンデマンドは家庭用プリンターに似た方式であり、商用ならではの美しい印刷が低コストで発注可能です。オフセットは高品質の印刷が実現し、イメージ通りのチラシ印刷が実現することでしょう。いずれの方式も通販感覚で注文でき、発送までの期間が短くなる傾向です。